SHOP BLOG

2021.09.03

TRUNK SHOW SCARPE SU MISURA 〈il micio〉

トゥモローランド 丸の内店では9月4日(土)から9月5日(日)の2日間、深谷秀隆氏によるレザーシューズのオーダー会を開催いたします。

木型:スクエア、ラウンド
マテリアル:ボックスカーフ、スエード、型押しレザー、コードバン、シャーク、アリゲーター他
価格:¥715,000~(tax in) ※仮縫い1回含む。
(仮縫い2回の場合、アップチャージを承りますのでご了承ください。)
06F07843-93D4-42BE-AAAB-7526FF960238.jpeg

こんにちは。
トゥモローランド丸の内店の高橋です。
以前私がオーダーさせていただいた〈il micio〉のシューズをご紹介いたします。
F94F114A-3215-451B-906E-BA9352DA357B.jpeg

最もエレガントで美しいシューズ

初めてイル・ミーチョのシューズを見たときに、曲線美や後ろから見た華奢なヒール、醸し出す雰囲気など、純粋にかっこいいと思いその美しさに惹かれました。
自分のクローゼットにはここまでエレガントで美しいシューズがなかったこともあり"一流と言われている深谷氏が作る一流のシューズ"が欲しいと思うようになりました。
今持っているシューズの中でもトップ・オブ・ザ・トップというほどエレガントで美しく、かっこいい唯一無二の一足です。
また日本でオーダーできるのはトゥモローランドのみという点もあり、とても貴重な体験をさせていただいたと思っています。606D6C0B-896C-4752-A732-CB1306D35A80.jpeg
4A7845F2-5A1F-4A23-9306-76EC3A78F4CD.jpeg

スタイリングの主役になる特別な一足

いつもは、コーディネートを組みその洋服のスタイルやムードに合わせてシューズを選ぶことが多いです。
それに対してオーダーしたこちらは"シューズに合わせて何を着るか"というイメージを持っているので、履くときは僕の中でコーディネートにおいての主語が変わります。
黒のストレートチップは他にもいくつか持っていて履くタイミングはそれぞれですが、この一足だけは、オーダー会や大切な節目、式典など特別な日に履きたいです。
"スペシャルなものなのでスペシャルに履きたい"という思いがあるのでここぞというときに履くようにしています。
スタイルや時代を絡めた装いに合わせるのではなく、主役をシューズに変えてコーディネートできる一面も特別な点です。
少しでもオーダーに興味がある方をはじめ、それぞれのストーリーや思いを馳せてオーダーしていただきたいと思っています。6C6B27D5-0D65-4388-ADE5-DE1218AA2B47.jpeg

オーダーシューズだからこそ味わえる経験

そもそも既製品というものはデザイナーが一番美しいと思って作った形なので、それが最もかっこいい姿だと思います。
対して履く人の足型に合わせて作るものがオーダーなので、もちろんシューズそのものの見た目も既製品とは少し変わってきてしまいます。
そのため自分の体重を支えている足に合わせて作ると、ぽてっとしたものができあがると予想していました。
実際に完成したものを開けて見てみると、やはり既製品よりもややぽってりとしたビジュアルでしたが、いざ履いてみると置いて見ていたときの姿とは全く違いました。
自分の足が入ることで何倍もかっこよく映り、とても感動した思い出があります。
シューズというものは足が入った時に一番良い姿をあらわし、履くことで初めてシューズになるということを感じました。A38A13E9-84FE-450B-A811-842EAC290EBC.jpeg

About|il micio

1999年、イタリア・フィレンツェにて立ち上げられたブランド〈il micio(イル・ミーチョ)〉。
オーナー兼デザイナーは日本人初となる海外でのビスポークショップをフィレンツェでスタートさせた靴職人、深谷秀隆(Fukaya Hidetaka)氏。
イル・ミーチョとは、イタリア語で「子猫」を意味し、気高さを備え、誰にも媚びず、自由な精神をもつ猫のように、自らの靴づくりを追求したいという思いが込められています。

ぜひこの機会にご自身の特別な一足をオーダーしてみてはいかがでしょうか。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

>>Instagram - @tomorrowland_marunouchi
>>litlink - marunouchitml

トゥモローランド 丸の内店 高橋

BACK