SHOP BLOG

2021.11.17

BUNNEY MORE VARIATION

皆さんこんにちは。

いつもトゥモローランドルミネ新宿店のショップブログをご覧いただきありがとうございます。

211115新ルミ子ども.jpg
今回のショップブログでは、11月23日(火)まで開催のロンドン発のジュエリーブランド「BUNNEY MORE VARIATION」イベントについてご紹介いたします。

211115新ルミデザイナー.jpg
デザイナーAndrew Bunney(アンドリュー・バニー)によって〈BUNNEY〉は2009年にイギリス・ロンドンにてスタートしたジュエリーブランド。
設立から12年ながらも、イギリスの職人による伝統的な製法を用いた高品質な製品づくりから、700年近い歴史を持つ英国金属団体ゴールドスミス・カンパニーに認められたブランドの一つです。
ブランドディレクターAndrew Bunney(アンドリュー・バニー)は、過去に〈DR.MARTENS〉や〈Roundel by London Undergrround〉でクリエイティブ・ディレクターを務めた経歴を持つ人物です。

シルバーの生産、製造において世界的にも高い評価とクオリティーを誇るイギリス。
スターリングシルバー、いわゆるシルバー925という制度もイギリスが発祥であり13世紀にその基準が法律で定められます。
そして、16世紀には更に厳格な基準を設けるためにホールマーク制度が確立されます。
ホールマークとは、主に製造年や素材の純度、製造場所などを刻印を用いて表すものです。
211115新ルミホールマーク.jpg
イギリスのシルバー生産には、アッセイオフィスによって刻印が施されます。
イギリスには、職人組合がありその組合によって生産された製品は、公的な検査機関であるアッセイオフィスで検査され、その厳格な基準を満たしたもののみが市場に出されます。
〈BUNNEY〉の製品全てが、この検査機関を通じて生産されています。

ここからは、〈BUNNEY〉のコレクションについてご紹介いたします。
【Sterrling Silver Badge】
211115新ルミバッチ.jpg
Badge:BUNNEY/¥42,900(tax in)〜¥64,900(tax in)
ブランドを象徴するアイコン的アイテムのバッチ。
スタンダードなブランド刻印とホールマークのみで仕上げられたものから、レオパード柄、イニシャルなどの彫金が施された仕様のものまでさまざまなサイズとバリエーションを取り揃えております。
211115新ルミバッチ製作過程.jpg
一見すると、非常にシンプルなアイテムですが伝統的な器具と製法で高度な技術を持って製作されます。
1枚のシルバー板をバッチ状に形成し、専用のグラインダーで研磨、その後超音波クリーナーで仕上げられます。
そして、フリーハンドで下絵を施した後、専用の工具を用いてひと彫りずつ丁寧に仕上げていきます。
仕上がった製品にブランドロゴを刻印しアッセイオフィスによってホールマークが刻印されます。

【Studs Pin Badge】
211115新ルミスタッズ.jpg
Pin Badge:BUNNEY/¥57,200(tax in)〜¥70,400(tax in)
モッズやパンクなどイギリスのサブカルチャーをリスペクトし、そこからデザインに落とし込むというデザイナーの発想から生まれ〈BUNNEY〉最初の製品となったスタッズシリーズ。
大小3種類のバリエーションでご用意しております。
ジャケットのラペルやデニムジャケットの襟、シャツのカフスとしての代用もおすすめのアイテムです。

【Identity Bangle】
211115バングル.jpg
Bangle:BUNNEY/¥88,000(tax in)〜¥121,000(tax in)

【Identity Bracelet】
211115新ルミチェーンブレス.jpg
Bracelet:BUNNEY/¥159,500(tax in)〜¥2,860,000(tax in)
〈BUNNEY〉コレクションの中でも人気の高いバングル、ブレスレットシリーズ。
アイデンティティーブレスレットは通称IDブレスと呼ばれ、元々は軍人が自分の身分や所属などを示すために用いられていました。
当初は、真鍮や銅など安価な素材で製作されていましたが、耐久性や衛生面などからシルバー生産へと移り変わっていきます。
その後、ファッションアイテムとして取り入れられるようになり今日に至ります。
〈BUNNEY〉からは、バングル、チェーンブレスレットタイプの2型がリリースされておりシルバーを始め上質な18Kイエローゴールドを使用したエレガントなものまで幅広くご用意しております。

【Signet Ring Silver×18YG】
211115新ルミゴールドリング.jpg
Ring:BUNNEY/ BUNNEY/¥231,000(tax in)〜¥242,000(tax in)
貴族社会であるイギリスでは、中世時代ほとんどの貴族がこのシグネットリングに家紋を彫り込み身に付け、手紙や重要な書類などに捺印をしており今で言う印鑑のような役割を果たしていました。
現在では、その芸術性の高さから多くのファッショニスタに愛され、特に英国紳士の身に付けるアクセサリーは時計とシグネットリングだけと言われるほどブリティッシュスタイルのアイコン的な存在となっています。
〈BUNNEY〉からリリースされているシリーズは、シルバーと18Kイエローゴールドを使用したラグジュアリーかつエレガントなコレクション。
シンプルながら〈BUNNEY〉の職人技術が光る細かな彫金技術を楽しんでいただけるアイテムです。

【Signet Ring Silver】
211115新ルミシグネット.jpg
Ring:BUNNEY/¥88,000(tax in)〜¥115,500(tax in)
先にご紹介したシグネットリングより一回りほど大きなヘビーシグネットリングシリーズ。
シンプルなものから職人がハンマーで叩きを入れたもの、ブランドロゴの彫金が入ったものなどさまざまですが、注目は右手前のイエスキリストを背負い川を渡る聖クリストファー。
聖クリストファーは、旅行者の守護聖人であり、リングに描かれたその描写は旅の安全と道中に幸運をもたらしてくれるヨーロッパでは長く愛されているお守りのようなアイテムです。

【Kee Ring】
211115新ルミキーリング.jpg
Kee Ring:BUNNEY/¥111,000(tax in)〜¥138,600(tax in)
最後にご紹介するのは、キーリング、キーチャームシリーズです。
パンツのベルトループやバッグなどにつけるチャームとしてご利用いただけます。
手前のキーチャームは、「ラビッツ・フット」と呼ばれその名の通り「うさぎの足」をモチーフにしたものです。
イギリスでうさぎといえば、生命力のシンボルとして知られており、特にうさぎの足は縁起物のお守りとして現在でも愛されています。
お守りの「ラビッツ・フット」としてだけでなく、ファッションアイテムとして1940年代〜60年代にかけてはイギリスをはじめアメリカやメキシコなどのバイカーの間で流行した背景を持っています。
イギリスでは、モッズが流行した60年代のバイカーたちがファッションアイテムとして身につけていたことでも知られています。
そんな、イギリスゆかりのカルチャーを感じるアイテムを〈BUNNEY〉はモダンなジュエリーアイテムへと昇華させています。

いかがでしたでしょうか。
今回ご紹介したアイテム以外にも、さまざまなシリーズをご用意しております。
「全て熟練した職人によるハンドメイドで作られる〈BUNNEY〉のジュエリーを通じて、歴史や伝統のラグジュアリーを実感してほしい」というデザイナーのメッセージが込められたジュエリーをぜひ店頭にてご覧ください。
皆さまからのお問い合わせ、ご来店を心よりお待ちしております。

〜information〜
ルミネでは、11月12日(金)〜11月21(日)までの期間ルミネカード10%OFFキャンペーンを開催しております。
また、12月31日(金)までの期間「TOMORROWLAND APP DOWNLOAD CAMPAIGN」アプリ新規入会キャンペーンを実施しております。

【営業時間の変更について】
【11月12日(木)~】
当面の間 全日 11:00~21:00

【オンライン接客予約のご案内】
ご遠方のお客様やご来店が難しいお客様には、オンライン接客サービスを承っております。
以下リンクよりご予約いただけますので、ぜひご利用ください。
ルミネカードをお持ちのお客様は、WEB決済サービスも合わせてご利用いただけます。
>>オンライン接客予約

【LUMINE CARD WEB決済サービスのご案内】
店頭取扱い商品がWEBで決済でき、ご自宅まで配送できるサービスがスタートいたしました。
店頭でのお買い物同様、いつでもルミネカードでの決済をご利用いただけます。
詳しくは店舗までお問い合わせください。
トゥモローランド ルミネ新宿店
電話番号:03-5339-6915(1F・メンズ)03-5339-3144(B1F・ウィメンズ)

インスタグラムではスタイリングを随時更新しております。
●TOMORROWLANDルミネ公式インスタグラム
>>@tomorrowland_lumine

【LUMINE CARD】
>>『ルミネカード』
【ONE LUMINE

>>『ONE LUMINE』

トゥモローランド ルミネ新宿店 梶原

BACK