SHOP BLOG

2021.03.19

KICHIJOJI Coatstyle

春の分かれ目。
まさに春分。

この日を境に昼と夜の長さが逆転。
たしかに日が登るのが早くなってまいりましたね。
冬っぽい春から、春らしい春に。
少しずつ寒さとも決別。
ここ数日で行き交う人の装いも軽ろやかになったかもしれません。

そして外を見渡すと、桜の蕾も綻んできました。
満開はもちろん、桜は蕾の時と散った後も美しいものです。
花への期待溢れるこの時期。
明らかに纏いたい服も変わりますね。

寺1.jpeg

今回は〈CABaN〉のコートを一例に。
メンズウィメンズともに春のコートルックを作ってみました。
男女問わず着ていただける楽しさをお伝えできればと思います。

寺2.jpeg

staff:Terasiti 175cm

Coat:CABaN/59-09-01-09001/¥86,900(tax in)>>MORE INFO

Knit:CABaN/59-02-04-02007/¥37,400(tax in)>>MORE INFO

さと3.jpeg

staff:Sato 165cm

Coat:CABaN/59-09-01-09001/¥86,900(tax in)>>MORE INFO

Blouse:BACCA/35-01-84-01003/¥25,300(tax in)>>MORE INFO

Vest:MACPHEE/12-02-11-02704/¥16,500(tax in)>>MORE INFO

Pants:CABaN/39-04-01-04004/¥47,300(tax in)>>MORE INFO


スーピマ綿とポリエステルで織られたシャンブレー素材。
その素材のブレンドにより軽くてもシワになりにくいんです。
経糸と緯糸で異なる色の糸を使用。
ゆえに光の当たり加減で趣きが変わります。
さりげない緩やかなサイズ感も着やすさに繋がってます。


まずはウィメンズ。
イージーパンツを合わせて。
麻混素材のパンツは柔らかさと軽さで春らしさを感じられます。

<CABaN>のコートはシルクの光沢感もあり、普段のスタイリングを新鮮に。

さと4.jpeg

さと5.jpeg

Coat:CABaN/39-08-01-08007/¥69,300(tax in)>>MORE INFO

Knit:MACPHEE/12-02-12-02307/¥15,400(tax in)>>MORE INFO

Pants:MACPHEE/12-04-11-04035/¥17,600(tax in)>>MORE INFO

Bag:VIOLADORO/33-03-02-03183/¥15,400(tax in)>>MORE INFO

そしてメンズ。
同素材の羽織りのシャツ型を。
カジュアルの抜けたコーディネートを組んでみました。

寺6.jpeg

程よく色落ちしたデニムに合わせてサラリと。
たて落ちでもなく、均一でもないデニムの色落ち。アイスブルーの色合いは服を軽やかに纏めくれます。

寺7.jpeg
この雰囲気のデニムは何種類か私たちのお店でも揃えております。
受け入れやすいリアルなスタイリングだと思います。
着方もご自由に。

Blouson:CABaN/59-08-01-08001/¥49,500(tax in)>>MORE INFO

Knit:CABaN/59-02-94-02004/¥30,800(tax in)>>MORE INFO

Pants:BLUE WORK/54-04-84-04102(tax in)>>MORE INFO

冬のコートは風を防ぎ、春のコートは風を楽しむような感覚かもしれません。

日常の服に新たな彩りを。
皆さまのお問い合わせや、ご無理のないご来店をお待ちしております。

writing_Takayuki Sato
model &photo_Genta Terashichi
model_Shiori Sato

BACK