SHOP BLOG

2016.08.12

FANTASTIC MAN

ここ東京も本格的な夏を迎えました。
スタイルにさりげなく、涼と華を添えるものを。

トゥモローランド ルミネ有楽町店では〈FANTASTIC MAN〉POP UP イベントを開催しております。
普段、お目にかかれないアイテムも多数ご紹介。

IMG_0283.JPG

2013年にブランドスタート。
インディアンジュエリーがルーツにありながら、その普遍性と日本人が作る洗練された繊細さがつまっています。
直線が直線らしく。
丸いものは丸く。
シンプルで潔いデザイン。

綺麗に細かく研いで磨き上げられた素材の表情。
ここに、通常のジュエリーではなかなか作り得ない、彼らの技術の真骨頂があります。

IMG_0293.JPG

実際に手にとり、さらに手入れをすると、白くなんとも言えない光を放ってくれます。
重ねてつけることにより、互いが反射。
立体的に見え、活かし合います。

もちろん、同じブランドどうし重ねても。
今までご自身で身に付けてきたものに付け足しても。

IMG_0310.JPG

テーマをもち、進化していくラインアップ。
今でも作り続ける初期のものと新しい作品が積み重なり、コレクションになっていきます。
4つのテーマ毎のシリーズをご紹介。

NO.1/シボレンス
騎士道をテーマに1回目のコレクション。
鎧の力強さをイメージ。
身に付けるだけで存在感があります。

IMG_0286.JPG

NO.2/マージングライン
異なる線と線の融合。
異素材を組み合わせ、より削ぎ落とした時に生まれたライン。

IMG_02931.JPG

NO.3/アディション
彫る技術を用いたライン。
ホピ族のジュエリーワークをルーツに、モダンに昇華させたデザイン。
立体的に見せることができます。

IMG_0285.JPG

NO.4/クロワゾネ
七宝焼きのような美しさを表現。
銀を彫りさげたところに樹脂を。
バングルの曲げに対応できる素材でつくりあげられたもので製作。
トゥモローランドでは、あえてモノクロームのシリーズをセレクト。
ミニマムだけど、ミニマムすぎない、ほど良い表情を与えます。

IMG_0291.JPG

気にいったジュエリーは本当に長く付き合うことができます。
朽ちることのない素材と、世の中の流れに左右されにくいデザイン。

ぜひ、自分だけのお気に入りをこの夏に。
皆さまのお問い合わせ、ご来店をお待ちしております。

トゥモローランド ルミネ有楽町店 佐藤、清水