SHOP BLOG

2016.05.19

J.M. WESTON

こんにちは。
トゥモローランド ルミネ新宿店の寺七です。

トゥモローランド ルミネ新宿店では、5月19日(木)から23日(月)までのルミネ10%OFFキャンペーンの5日間、特別に〈J.M. WESTON〉を取り揃えました。

IMG_2794.JPG

- J.M. WESTON -
1891年フランスで生まれたこのブランドは、現在に至るまで永遠のスタンダードシューズとして根強い人気があり、今年125周年を迎えました。 ブランドの代名詞である「180 ローファー」は、70年も前に誕生。1968年にパリで起こった学生運動の際のシンボルとなり、父親の靴をジーンズ姿で素足にローファーを履くことで、既存の社会的規範に反抗した、という話も語り継がれています。紐靴とは違い、足にフィットさせるのが難しいローファーですが、「180ローファー」は4mmピッチのサイズ展開とA〜Fまでの豊富なウィズ(横幅)展開なので、自分の足に適したサイズを選ぶことができます。
※トゥモローランドでは、C〜Eまでのウィズと5.0〜8.0までを取り揃えています。

足の曲線に合わせた、足全体をほど良く包み込む構造は快適な密着感を生み出し、アウトソールには自社のタナリーで用いた革を使用しているので、耐久性にも優れています。

ゴルフシューズを原型とするそのユニークなスタイルから"ゴルフ"と称されるモデル「641」も〈J.M. WESTON〉を代表するモデルです。

IMG_2805.JPG

ラバーソールは抜群のグリップ感を持ち、人間の足に限りなく近い独自の木型で製作しているので、優れたフィット感と履き心地を兼ね備えています。
アッパーには多少の雨であれば侵入を防いでくれるボックスカーフを使用しています。

今回トゥモローランド ルミネ新宿店では、定番の「180ローファー」、「641」の他にも「Le Moc(ル・モック)」をご用意しました。

IMG_2804.JPG

「180ローファー」の雰囲気はそのままに、軽い・柔らかい・鮮やかなカラーバリエーションが最大の特徴で、上質なカーフスキンを使用しています。
「Le Moc(ル・モック)」はマッケイ製法で作られており、一枚革なので軽く、歩いた時の反り返りが柔らかく足を包み込むような感覚です。
黄色やブルーグレーのような発色の良い色味を作り出せるのは、タンナーを傘下に持つ〈J.M. WESTON〉ならでは。
裸足でも快適に履けるように中敷きを全面に敷いているので、夏でも履ける1足です。

モノづくりに関しての追求心が昔から変わらないところが〈J.M. WESTON〉の良さ。
今年の夏は足元から楽しんでみてはいかがでしょうか?
 
職人の想いが詰まった、快適さと美しさを備えた〈J.M. WESTON〉をぜひ、手に取ってみてください。
皆さまのお問い合わせ、ご来店心よりお待ちしております。

トゥモローランド ルミネ新宿店 寺七

BACK